他人のプラットフォーム上で商売するということ、Twitterのサードパーティクライアント締め出しについて

ツイッターサードパーティクライアントの開発が禁止された。
この事については、以前からよく考えていた。
他人のプラットフォームで商売をするリスクについてだ。

 


現在のインターネットで商売をするのに、どこかのプラットフォームに乗らないという選択はあまりない。

 


でも、他人のプラットフォームで商売をするということは、他人の一存で飯を食えなくなるということでもある。
最近のインターネット企業は、やたら気軽にBANをしてくる。
誤BANも多いが、クレームを聞き入れてくれることは殆ど無い。
確率的に運悪く事業が死ぬ、ということが十分にあり得るということだ。

 


今回のTwitter社のように、強権的に何の通告もなしにAPIの利用が停止されることもある。

 


他人のプラットフォームで商売するということは、とてもリスクが高い。
ツイッターサードパーティクライアントは、ツイッター社とアプリストアの二重のリスクを背負っていたことになる。
もしくは、広告事業者も合わせて三重か。

 


他人のプラットフォーム上で商売する際は、いかにリスクマネジメントするか、その戦略がとても大切だ。

 


分散するか、突き抜けるか。

 


分散するパターンにもいくつかある。


iOSAndroidの複数OSに分散する。
これはアプリストアのBANリスクを分散している。
しかし、Twitter社に乗っかっているというリスクは依然として存在している。


分散しても、背後に共通するリスク要因があれば、リスク分散の効果が少ないことがある。

 


じゃあ、Twitterサードパーティクライアントで得た利益を不動産投資につぎ込むという例はどうだろうか。
これは共通するリスク要因はなさそうだ。
強いて言えば不況くらいか。
しかし、あまりに2つのスキルがかけ離れているので、シナジーがあまりない。
単に違う事業を2つやっているだけ、というのは、リソースが分散して中途半端になりがちだ。
でも、共通するリスクが高いアプリストアの分散よりは、ずっとマシな選択肢だと思う。

 


この2つの中間には無数の選択肢がある。
たとえば、


・会社員とTwitterクライアント開発を兼業する
・受託開発と兼業する
Twitterと無関係なアプリを開発する
TwitterAPIは使うものの、ウェブサービスを開発する


と言ったもの。
リスクがどれだけ分散されているか、シナジー効果がどれだけあるか、適切なリスクの分散度を選ぶのが良い。
リスクの分散度とシナジー効果は反比例するわけではない。
どちらも高い、とても良い選択というのが、ぼくには思いつかないだけで存在しているはずだ。

 

 


リスク分散と対になる選択が、突き抜けるというもの。
プラットフォーマーが無視できないくらい大きくなれば、簡単にBANはできない。


例えばtiktok
アメリカで散々批判されているにも関わらず、スマホアプリのマーケットからBANされていない。
これはプラットフォーマーもBANすると不都合があるからだ。


もっとも、この選択は超ハイリスク・超ハイリターンと言える。
ほとんどのアプリやサービスはここに辿りつけない。


Twitterサードパーティクライアントではどうだったかというと、そういう存在はそもそもいない。
といえのも、サードパーティクライアント1つあたり、最大ユーザー数は10万人と決まっていた。
つまり、最初からこの道は存在しない。
と言ってもこの変更があったのは途中からなのだけど。
こういう変更が加えられた時点で、この戦略は機能せず、分散戦略に切り替える必要があるというわけ。

 


どちらにせよ、他人のプラットフォームで稼ぐということは、永続性に欠ける選択だということを意識しておかないといけない。
いずれ稼げなくなる。
そのことを念頭に置いて、一気に稼ぎきっていつ死んでもいいようにするとか、適切に分散して一つが死んでも別の食い扶持を用意しておく必要がある。


ぼくのような人間からすると、ただのイーロン・マスク狂想曲というよりは、肝が冷える嫌な出来事を目にしてしまったなという気持ちが強い。
この出来事を他山の石にして、気を引き締めていかねばと思った。

Firefoxでノイズレスサーチが使えなくなった問題を解決した

 

デフォルトの検索エンジンをノイズレス検索にしている。
数日前に急に使えなくなった。
検索窓が消えた。

原因の切り分け方法
1. 他のブラウザでノイズレスサーチを使ってみる
2. Firefoxのプライベートウィンドウでノイズレスサーチを使ってみる(プライベートウィンドウではアドオンを無効にしているため)

1と2で使えることが確認できたので、アドオンが原因だと分かる。
次に広告ブロックとトラック防止系のアドオンを一つずつ切って確認。

原因は「DuckDuckGo Privacy Essentials」にあると判明。
DuckDuckGo Privacy Essentialsの設定画面から、Unprotected Sitesに"https://pasokatu.com"を追加して解決した。

異性獲得戦略を持っておく

 

仕事のことはよく考えるが、身近な問題ほどあまり考えない、ということはよくある。

パートナーが必ずしも人生に必要だとは思わないが、パートナーが欲しいと思う人は異性獲得戦略を持っておくことが大切だ。

戦略とは何をして何をしないかを決めることである。

自分の求めている相手はどんな人なのか、その反対にどんな人は相手にしないのか。

自分がウケるのはどういう相手で、どういう相手には評価されないのか。
自分が優位に戦える出会いの場所はどこなのか。

最終的に異性とどういう関係になりたいのかなど。

とにかくモテたい、というのは無策だと言っているに過ぎない。
人間のリソースには限りがあり、相手にできる人間は多くて数人だろう。
じゃあ、自分の求める相手を明確にして、その相手を獲得できる方法を磨いていく。

最初のうちは明確な戦略がなくてもいい。
トライアンドエラーで手探りしながらうまくいく方法を探っていく。

若くないとか、見た目が良くないとか、金が無いと嘆く人はいるけれど、それは世の平均的な異性が求めている属性に過ぎない。
一人ひとりの人間は、平均的な人間ではない。
好みの偏りもあれば、優先順位と妥協も存在する。
大切なのは、何を選んで何を捨てるのか、選択することにある。

たとえば、安定した結婚相手と刺激的なセックスパートナーに求める基準は全く違うだろうし、専業主婦希望の人とキャアウーマンの人と人妻でも求めるものは全く違う。
自分が何を望み、そのために何を選ぶのか、それを自分の中で持っておくことが大切なのだと思う。

ミニトマトのパスタがうまい

ミニトマトで作ったトマトソースがうまい。

ミニトマトを半分に切ってフライパンで焼いて、それからバジルと一緒に煮込むというもの。
元ネタはイタリアンの弓削シェフから。

https://youtu.be/m27API6ErUw

このレシピを覚えて以来、トマトソースはこれを使うことが多い。
アレンジでアンチョビを入れたり、ベーコンを入れたり、にんにくを薄切りにして一旦引き上げて再投入したりしている。

ポイントは強火でしっかりとトマトに焦げ目をつけることだと思う。

 

コロナ下でYouTubeにレシピを載せてくれるシェフが増えて、レシピ探しが本当に捗っている。
実際の調理の動きが映像で見えて、なぜそれをするのかというのを言語化してくれる。
良い時代になった

習慣への投資と超長期的に積み重ねること

ここ数年は仕事をかなりセーブしている。
というのも、習慣への投資をしている。

ぼくは生涯現役を目標にしている。
生涯現役を実現するためには、健康を維持したり、メンタルケアを覚えたり、目先で金にならないことも大切だと思っている。

特に健康に関しては、一度失われたものは元に戻らないことが多い。
健康的な生活をして、検診などで早めに問題の目を潰しておくことが、長期的には大きな成果に繋がると思っている。

考え方を構築することも大切だと習慣の一部だと思っている。
どのように考えるか、自分の思考の軸を作ることが、長期的な違いを生む。
哲学や思想に手を付けてみたり、メンタルケア方面に手を出してみたり、自分に適した考え方を身に着けていきたいと思っている。

文化資本の蓄積にも力を入れている。
生活スキルの向上や、料理のスキル、家庭菜園や自転車整備。
こうしたことは些細なことではあるけれど、長期的にはとても大きな結果につながる。

お金に関しては、現在の収入をあまり重視していない。
50歳とか60歳で逆転できると思っているので、ゆっくりと無理なくやっていこうと思っている。

まずは習慣を構築して、その上でビジネスを回していけば、そのうち大きくなれると信じている。

超長期に考えたときに、一度失われたら取り戻せないものは何か、複利的に積み重なっていくことは何か、そういう視点で生きているのがここ数年。
結実していることも、三日坊主になることも、すぐに後戻りして積み重なっていないこともある。
けれど、全体的な方向性としては、概ね満足できる範囲に収まっている。

二の矢を避ける、宵越しの悩みは持たない

なにかうまくいかないことがあったとき、自暴自棄になるのをやめたい。
たとえば、人間関係がうまくいかなくてイライラしたから、夜遅くまで遊んで荒れた生活をするとか。


問題そのものに悩むことは、あまり生産的ではないにしろ、仕方のないことだと思う。
でも、自暴自棄になることは、不要な行為である上に、問題そのものよりも悪影響だったりする。


精神的な落ち込みは、遅かれ早かれ時間が解決してくれる。
でも、荒んだ生活は、それ自体が問題の種になる。
一度悪い生活リズムになると、他の多くのことにまで、悪影響を与えるようになる。
元の問題は時間経過で落ち着いていくのに、荒んだ生活問題は毎日起こるので、時間では解決できない。


問題そのものを避けることはできないが、二の矢を避けることはできる。
どちらかというと、こちらの方が大切なことだと思っている。
落ち込んだとき、その時だけはストレス解消してもいい。
けれど、それでスッキリして問題は忘れてしまうくらいのほうが、トータルで考えるとよい結果に繋がると思う。
宵越しの悩みは持たないという精神で生きていきたい。

コントロール可能かつ重要なことだけ考える、思考の選択と集中

 

ぼくは考えることに価値を置く人間だ。
思考の量が他の人との違いを生んでいると思っている。
でも、余計なことを考えすぎだと感じることが多い。


思考のリソースは有限だ。
余計なことに囚われていると、本当に大切なことを、考えることができない。
何を考えるか、思考の対象を選択と集中する必要がある。


また、考えすぎはメンタルにも良くない。
考えてもどうにもならない問題を考えすぎたせいで、落ち込むことがよくある。
こういった問題は、最初から考えるべきではない。


何を考えて何を考えないか、簡単な基準がある。


1. 自分に関係があるか
2. 自分がコントロール可能か
3. 重要 or 楽しいことか


全てに当てはまらないなら、それは考える必要がない。
この基準を使うと、ほとんどのことが考える対象にならない。
でも、残ったものを考えることは、自分の人生を有意義なものにしてくれる。


簡単に説明する
1と2はストア哲学っぽい考え方だ。
自分に関係がないこと、自分がコントロールできないことは、考えたところでどうにもならない。
他人が内心どう思っているかとか、勉強を頑張ったけど試験の結果が不安だとか。
そういうものは、自分でコントロールできないのだから、考えても仕方ない。

 


3について
自分でコントロール可能なものでも、取るに足らないことは考える必要がない。
もっと重要なことは、いくらでもあるからだ。
より優先順位の高いことに思考のリソースを集中させよう。

 


この基準は、思考だけでなく行動でも役に立つ。
コントロールできて、重要なことをやる。
ぼくはゴシップやニュースを見ないということを、よく書いている。
ゴシップは自分に関係がないしコントロールもできないし、重要でもない。
この手のものは自分から最も遠ざけておいて良い。


最近話題の、機械に仕事を奪われる論、まあ古くて新しい話題ではある。
これも、自分に関係はあるかもしれないが、考えたところでどうしようもない。
コントロールできないので切り捨てる。


人間関係の悩みも、大抵はコントロールできないので、考えるだけ無駄と分かる。 
他人の内心を読む術なんてないのだから。


こうして考えると、ほとんどのことを切り捨てていける。